Blog | ブログ

2013年11月 - Archive

2013.11.29 23:05

Xmas card exhibition 2013の企画と、それをやろうと思った経緯と悩んだこと。

xmasiro.jpg

随分、久しぶりのブログ更新になりました。
この間、事務所兼ギャラリーを吉祥寺にオープンしました。

12/16-23で、一般公募によるクリスマスカード展を企画しました。

「Xmas card exhibition 2013」

10年くらい前、芦屋にあるギャラリーでのクリスマスカード展に、応募し展示してもらった経験があります。
何かを作る面白さを感じたり、リアルな場に展示できることで満たされる何か、展示することで生まれるコミュニケーションなど、とても得るものが多かったですし、今デザインを仕事にしていることに多少影響があるような体験でした。
そういった場を作れたら楽しいのでは。という思いがあります。
一方、できたばかりのギャラリーで、いろんな方に見てもらいたい、気に入ってもらえたら使ってもらいたい。そんな気持ちもあります。

ただ、その運営方法が結構悩みました。
1.展示だけよりも、販売をしたい、した方がよいのでは。見る人にとっても、作家さんにとっても。
2.参加費を設定するかどうか。
3.販売した場合の売上の管理と、いくら手数料として受け取るか。

最終的に、販売あり、参加費なし、手数料100%。というようにしました。
自分もこういう展示に出したことがあって、今回ひっかかるのが売上が手元に戻ってこないこと。
いくら売れたかなぁというのが気になるし、そういう部分も楽しい部分の一つだと思うのです。

ギャラリーを運営していく上で、今回、費用はどこかで集めたいと思うこと、
参加費や売上に応じたバックをするとなると、その管理が大変で、
ギャラリーの都合でこういう形態とさせていただきました。
こういう形態での、募集や運営は見たことなく、新しいパターンかも知れません。
作家さんとしては、気が進まない方もいらっしゃるかなと思います。

ただ、無料で展示なので気軽に参加してもらえると思いますし、作家さんのポートフォリオ、名刺カードなどを設置させていただくことで、お客さんに見てもらいやすくして、作家さんには参加してよかったと思えるカード展にしたいと思ってます。