Blog | ブログ

2013.11.29 23:05

Xmas card exhibition 2013の企画と、それをやろうと思った経緯と悩んだこと。

xmasiro.jpg

随分、久しぶりのブログ更新になりました。
この間、事務所兼ギャラリーを吉祥寺にオープンしました。

12/16-23で、一般公募によるクリスマスカード展を企画しました。

「Xmas card exhibition 2013」

10年くらい前、芦屋にあるギャラリーでのクリスマスカード展に、応募し展示してもらった経験があります。
何かを作る面白さを感じたり、リアルな場に展示できることで満たされる何か、展示することで生まれるコミュニケーションなど、とても得るものが多かったですし、今デザインを仕事にしていることに多少影響があるような体験でした。
そういった場を作れたら楽しいのでは。という思いがあります。
一方、できたばかりのギャラリーで、いろんな方に見てもらいたい、気に入ってもらえたら使ってもらいたい。そんな気持ちもあります。

ただ、その運営方法が結構悩みました。
1.展示だけよりも、販売をしたい、した方がよいのでは。見る人にとっても、作家さんにとっても。
2.参加費を設定するかどうか。
3.販売した場合の売上の管理と、いくら手数料として受け取るか。

最終的に、販売あり、参加費なし、手数料100%。というようにしました。
自分もこういう展示に出したことがあって、今回ひっかかるのが売上が手元に戻ってこないこと。
いくら売れたかなぁというのが気になるし、そういう部分も楽しい部分の一つだと思うのです。

ギャラリーを運営していく上で、今回、費用はどこかで集めたいと思うこと、
参加費や売上に応じたバックをするとなると、その管理が大変で、
ギャラリーの都合でこういう形態とさせていただきました。
こういう形態での、募集や運営は見たことなく、新しいパターンかも知れません。
作家さんとしては、気が進まない方もいらっしゃるかなと思います。

ただ、無料で展示なので気軽に参加してもらえると思いますし、作家さんのポートフォリオ、名刺カードなどを設置させていただくことで、お客さんに見てもらいやすくして、作家さんには参加してよかったと思えるカード展にしたいと思ってます。

2013.03.05 21:53

PCメガネの色味の変化

随分久しぶりのブログになってしまいました。
あけましておめでとうございました。もう3月です。

先日、眼鏡を新調したのですが、レンズを選ぶ際に、少し気になっていた、目に良いと聞いているPCメガネ(ブルーカットレンズ、ブルーライトカットメガネ)を試すことができました。
そもそも何故、目に良いのかもわかってなかったのですが、聞いてみると、青の光があんまり目によくないみたいですね、なのでそのレンズは青の光の一部を反射するような感じみたいです。

僕としては、そのブルーカットのレンズで色の見え方が変わるんじゃないかという点が気になったわけです。仕事柄、色は割と気を遣う部分です。

結局、そのレンズ越しに見た電球の光の色が、明らかに黄色みが増してみえたので、こりゃマズいなと感じました。
ただ、目の仕組み的に、色順応が効いたりしてかけてしばらく経てば馴染むのかも知れません。

微妙な色の変化・調整は、デザインの重要な部分だし、デザイナーの腕の見せどころ・センスであったりもするので、あんまり無意識に色が変わって見えてしまうのはよくないと思うんですよね。
PCのモニタの性能とか、光の環境、あとは人の個体差で、おそらく見え方変わる部分も大きいですけど、わざわざ自分から見え方変えてしまうこともないかなぁ。

僕は目が疲れたと感じることがほとんどないので、そういった意味でレンズの恩恵にあずかれないのですが、よく目が疲れるという人には良いものなのかも知れないですね。

2012.10.17 11:06

見たり読んだりインプットすること

仕事もちょっと落ち着いて、何本かゆっくり映画を見る時間があったりして、今日も見ていたわけなんですが。
本もあまり読まない、映画は本に比べると見るけど、よく見るってほどでもない。美術館や何かの展示やコンサートもそこそこ行くけど、しょっちゅう行くわけでもない。

映画や美術館で作品を見たときに、何か自分のデザインに取り入れたいなとか、こういう部分を何か好き勝手に作ってみたいなとか、刺激を受けることが多い。1つ1つやっていたらキリがないのだけど、そうやって見たものを消化していくような感覚が時々ある。

今回は、連続で映画を見たせいか、映画がつまらなかったのか(実際1本つまらなかったのあったけど・・・)、消化しようとすればできるものを消化しないで、取り入れてはただ排出してしまってるかもしれないと思った。たくさん見ることは、その中で比較して、順位付けができたりや全体感をつかめたりするので、よいとは思うものの、1つ1つの濃度が薄くなっているのではないか。

「何で年を取ると、1年が早く感じるんだろう。」と、いうことについて、これまで生きてきた年数が増えていくにつれ、1年の重さは、全体に対して薄くなるから。という話を聞いたことがあった。

見たりきいたり読んだりするものが蓄積されてきて、うまく整理することの必要性を感じる。日記やブログに記録書いていくのもよいと思う。そして、大事なのは、多くを見ることではなくて、少ないものでもその中から多くを感じ取ること・取れることかも知れない。

2012.07.03 21:26

Over like a fat rat / Fonda Rae

渋谷TSUTAYAに行って、15枚ほど一度にCD借りてきました。
特定のCDを借りようと思って行ったのではなく、最近CD借りてないなと思ったから。

NOTHIN' BUT HOUSE のシリーズ、ハウスのコンピレーションアルバムみたいなんですが、何枚か借りたことがありますが、耳に馴染む感じで好みで、そのシリーズでも借りたことないの借りてみました。

4曲目の、Over Like A Fat Rat が特によくて、検索してみると原曲ありました。

原曲:

コンピレーションではこういう発見があったりするのは楽しい部分だなぁと思います。最初ハウスいろいろ聞いてたら、こういう調べ方してるうちに80年代のソウルミュージックをちょっと聞くようになっていったりしました。
また、しばらくいろいろ借りてみようかな。
そうそう、渋谷のTSUTAYAは、結構前からなのだと思いますが、郵送返却ができました。6枚程度までは100円。

2012.04.20 23:21

気になってたmacbook airのおしゃれケース

macbookAir購入したら、まず先に買いたいのはおしゃれなケースだったりしますよね。
僕もしばらく前にAir買って、ケースをネットで探しては悩んで悩んで、イマイチ決め手にかけていたのですが、先日ようやく購入しました。

先に、悩んだもの紹介しますね。

mba01.jpg
結構ほしかったのがこれ。古書みたいな感じ。
BookBook for Air 13 TWS-BG-000008
6,619円

mba2.jpg
これも悩みました。癖がなくてよいです。
ハンドメイドフェルトケース 11inch/5,480円,13inch/5,980円

mba3.jpg
収まりがよさそうなのがこれ。白が好み。
AIRTEGO(エアテゴ) 11inch/3,540円,13inch/3,680円

pijama.jpg
そして今回買ったのがこれ。pijama
ピジャマ。国内だとHUMOR、雑貨屋のSmithなどでみかけました。

pijamaはイタリアの会社が作っているのですが、今回はpijamaから通販しました。サイトをみていると、もちろん全種類載っているので、購買意欲がわきますね。送料がよくわからず気になって問い合わせたりもしたのですが、送料8ユーロ。円高なので、€43=約4600円と、かなり安く買えましたよ。
paypalでの決済になり、注文から15日程度でとどきました。

使用感は、proも兼用なのでちょっとスペースに余裕ある感じが残念でしたが、マジックテープ部分はかなり強めで、逆さにしただけでは落ちないと思います。また内側はクッションになってますが、そこまで厚くなく、スッとまとまってます。生地はヘリンボーンにしました。毛羽立つこともなくさわり心地はよいです。
http://www.pijama.it/